結局、人だ。すべては、愛だ。心理的安全性を高めてチームの機動力と成果を伸ばす組織改革パートナー・株式会社安全会議

結局、人だ。すべては、愛だ。心理的安全性を高めてチームの機動力と成果を伸ばす組織改革パートナー・株式会社安全会議

思ったような成果がでない

心理的安全性が高い = 社員が萎縮せずに伸び伸びと自発的に行動できている状態

心理的安全性とは、組織において、他のメンバーが自分が発言することを恥じたり、拒絶したり、罰をあたえるようなことをしないという確信をもっている状態であり、チームは対人リスクをとるのに安全な場所であるとの信念がメンバー間で共有された状態。

会議を変えれば、組織が変わる

弊社は会議・ミーティングのファシリテーションを通して組織の変革をサポートします。

取り組み
 
狙い
経験豊富なファシリテーターがプロジェクトを主導
プロジェクト全体の成果をコントロールする
「題名のない会議」によるミーティングの効率化
無駄なくスピーディーに現場を動かす
小グループ制度による意見の活発化
発言しやすい環境づくりによる各自の安心感&貢献感を醸成する
タテ・ヨコ・ナナメの関係による組織の柔軟性強化
部門内、部門間の理解が深まることで連携強化・業務削減につなげる

導入事例

転勤前の支店で「いきプロ」を導入した当初、ミーティングのレポートを見て痛感したのは、主任、班長、係長といった現場役付者の「愚痴の多さ」でした。当時は、私たち管理者に対して、言いたいことを言えない環境だったのだと思います。
しかし「愚痴を拾う」というプロセスこそが、組織改善の大きな鍵でした。
「愚痴は課題」という助言をもとに、足りない資材を購入するなど、まずは会社の環境を整えたことで、現場の雰囲気が変わり始めました。
「いきプロ」の良さは、現場スタッフのミーティングに社外のファシリテーターが入ることで、忖度なしの意見が出せること。見つかった課題の中で、個人で解決できることと、会社として取り組むべきことが見えてくる。ミーティング後のフィードバック、マネジメント指導を受け、社の取り組みに活かしていった結果、現場と管理者の意思疎通が図れるようになり、組織として機能するようになったと感じています。
「言っても無駄だ」から「言ったらどうにかなる」に変化したことが、「自分たちで考えて自分たちで動く」という意識改革につながりましたし、事故の減少、離職率の低下、ひいては収支にも効果をもたらしたものと思っています。

以前は、典型的なトップダウン型の会社でした。しかし、組織を健全に存続させるためには、従業員一人ひとりが自分で考え、自分で提案して動くというボトムアップ型への転換が必要だと思っていました。
「いきプロ」のミーティングでは、常に指示待ちだったドライバーたちが、いろんな意見を出すようになりました。役員は発言せず、聞くことに徹する、ドライバーは何を言っても否定されない、どんな小さなことでも聞いてもらえるという場づくりが効果的だったのだと思います。発言することでドライバー自身が参加意識を持ち、積極的に取り組むようになりました。

「いきプロ」の特徴の一つは、状況によって様々なスタイルのミーティングを提案してもらえること。ドライバー中心のチームミーティングでは、リーダーがメンバーに対して様々なノウハウを教えたり、お互いの経験を共有したりしながら、日常業務に活かしています。

以前は、管理者の指示、命令、指導中心の体制で改善の難しい問題も多くありました。
今は管理者の洗い出した問題を各チームが管理者と一体となって取り組む日々の積み重ねで、安全への意識もより一層高まり、結果的に無事故の記録も伸びています。

1ヶ月単位で捉える人、毎日コツコツ進捗数値を捉える人では、
改善スピードに差が出る。日々、業務多忙だが、進捗を見た方が良いと実感できた。

1ヶ月単位で捉える人、毎日コツコツ進捗数値を捉える人では、
改善スピードに差が出る。日々、業務多忙だが、進捗を見た方が良いと実感できた。

私たちにお任せください!

運転適性検査開発メーカーにて、主に、教習所指導員および企業ドライバーへの心理的側面からの安全運転研修及び新規営業を約10年間担当。

各県警察免許課からの依頼により、各種指導員向け法定講習を担当。その後、コミュニケーションエラー防止からの事故・災害防止の具体的なヒントを通して、企業内安全づくりをサポートする株式会社イエス,アンドを創業。

2019年11月より、心理的安全性の担保を中心とした組織の機動力アップ、業績アップ、採用、離職防止など業務対応範囲を広げた”現場いきいきプロジェクト”の提供を開始。2020年4月に株式会社安全会議に社名変更。すべての不具合の元であるコミュニケーションエラーを改善し、機動力の高い組織作りを支援する組織改革パートナーとしての活動を拡大中。

外食チェーン大手マクドナルド入社後、滋賀県の新店オープンを任され、店長として1年で日本一の業績を達成する。アジア・オセアニア地域の最優秀アワード受賞。海外CEOからモデルレストランとして表彰される。

その後、家族経営のマクドナルドFCに転籍し2代目社長に対するマネジメント指導を行いながら、15店舗の統括マネージャーを兼務し、約3年半勤務。

2015年よりコンサルタントとして、法人企業の組織マネジメントサポート、小規模事業者へコンサルティングを複数行い、管理者育成、チームビルディング、適材適所の人事配置、業務改善に携わる。

これまでに福岡教育大学を始めとした多くの大学・短期大学や看護学校で心理学や人間関係論、論理的思考の非常勤講師をつとめる。

2004年より全国で心理学をベースとしたコミュニケーションや接遇、人材教育に関する講演を行う。知っていても使えなかった人間関係に関する知識を現場で使うための具体例が多く、実際に現場で困っていることの解決に役立つ内容だと評判である。「知っていたら楽になる」心理学の知識を盛り込んだ研修やコーチング、カウンセリングを行う。

対象は新人から中堅、ベテラン、管理者と幅広く「話していると頭と心の整理ができる」と多くのリピーターがいる。組織内教育のアドバイザーとして数多くの組織に関わっている。

資料請求、お問い合わせ

弊社の会社説明資料のご請求、サービスに関するお問い合わせはこちらからお願いします。

主な取引先

ランテック、ランドキャリー、福岡少年院、ジェイアール四国バス、バンテック、中川タクシー、九建運送、エコロジーワールド、九電工アカデミー、ワカスギ、インフラテックサービス、九州ガラス外装クリーニング協会、九州総合サービス、山急、大電、キュウニチ、第一電建、福岡県精神病院協会、アマノリハビリテーション病院、さくら病院、福岡県交通安全協会、佐賀県安全運転管理者協議会、大分県安全運転管理者協議会、福岡県トラック協会、千葉県トラック協会、九州トラック交通共済協同組合、日本物流研究会、あんしんネットみどり、フランソア、共同、JA佐賀ビバレッジ、国土防災技術、他 多数

会社概要

社名 株式会社安全会議
代表取締役 森川美希
住所

本社・福岡営業所

〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東1-12-17-3F
TEL:092-531-1920 FAX:092-510-1921

名古屋営業所

〒450 - 0002 名古屋市中村区名駅3 - 20 - 20 名駅錦ビル6F
TEL:050-3571-9204

東京営業所

〒102-0074 東京都千代田区九段南一丁目5番6号りそな九段ビル5F KSフロア
TEL:03-6869-4749

事業内容 ・組織改革コンサルティング
・ミーティングファシリテーション
・1on1代行(管理者向けコーチング、管理者育成)
・安全講話・研修